竜と盾のクレッシェンド

エオルゼアの落ちこぼれヒカセンが必死に生き抜く雑記系ブログ

オメガシグマを攻略せよ!

f:id:hugitubo:20180205201050j:image

PTで組んで行くとIL足りなくても参加できるってことを今更知りました。前線まで来たことなかったからね!

出荷のニオイがプンプン立ちこめるILでFCLSメンとオメガシグマ行ってきました。こんばんは、ぬたです。

もちろんネタバレですが、極力少なく記すつもりです。

 

一層から四層まで駆け抜けるリューサン

f:id:hugitubo:20180205070824j:image

線路の上を後ろ向きで走りながらスキル打つわけではない。

というか列車と戦うってすごいんですが。武器がキンキン弾かれそうだけどダメージは普通に通ってる模様。

まず見た目がゴツくてかっこいい!ロマンを感じる。

わけわからんAoEはスプリントで避けるマンとなり、DPSをまったく稼がない系リューサンと化したおかげか床ペロは一回だった。

あといつもそうなんだけどギミックわからないのにジャンプのスキル打つのめっちゃ怖いんですが。

いつもリューサンだけ専用ギミックあるよね…

 二層三層は割愛して、四層はなんと壁がない。

またや…!またやで…どんだけタコタンの功績響いとんねん…って感じだけど、蘇生が効くようだからタコよりはマシだったりする。

f:id:hugitubo:20180205071518j:image

床舐めすぎて竜騎士キッチンタイマーに目玉が付かん!

何度か全滅しながらも最後まで全層立ってクリアできました。精鋭揃いのFCLSメンの厚い厚い介護のタマモノだと確信。

これ毎週行って虚構やアイテム集めるとかエオ民すごいな…もはや狂気の沙…いや何でもない!w

これまでの14のイメージはたまに難しくたまにのんびりという感じだったが、前線は常に高いIL装備を目指しトークンを集めるためエキスパを回し高難易度に挑んで装備強化アイテムを入手していくようだ。

この競争に折れてたまるもんか…!っていう熱い心を持ってないと前線からは振り払われちゃうんだなぁ。なんとしてもしがみついて行きたい…!

メインキャラでもヴァレンティオン

f:id:hugitubo:20180205072703j:image

シグマから帰って早々、こっちでもヴァレンティオンをやってきた。結構グレート出るもんだね。今度はずっと百合のターン!謎のマッチングバランスを発揮する14

f:id:hugitubo:20180205073059j:image

f:id:hugitubo:20180205191002j:image 

すごく構図が似ている。

2枚並べたら虚しさがグンと上がってしまう…!ポーズはどっちも右椅子のほうが我的に好みなようだ。

因みにコアさんはこのマウント愛用しはじめたようです。

f:id:hugitubo:20180205190152j:image

この羽…天使の俺様に相応しいチェアだ。と言わんばかりの態度。しかもぬたより女子力高いのか無駄に似合ってるんだよなぁ

苦手なIDを克服したい。徹底検証ワンダラーパレス 

最近タンクのコアでレベルレよく回すから、苦手なID当たる前にちゃんともっかい解説動画みて行ってたりする。

苦手なのはハウケタハード、ノーマルシリウス、ノーマルワンパレだ。

ハウケタハードは多い敵数をどこまでまとめればいいのか、ノーマルシリウスは1ボスの立ち位置とラスボスのルナティックボイスをウィズウィンで封じるタイミングをもっとスムーズにしたいのと、ノーマルワンパレは骸骨部屋のトンベリとかち合う部分をどうしようか…といったところ。あと、トトラクw

f:id:hugitubo:20180205192334j:image

ハウケタハードはまとめしても結構ヒラさんが対策してくれて、この先もうちょいまとめようかな?という気持ちになれた。

たまにヒールこないヒラさんとかと他IDで当たると、どんだけホーリーだの石だのでDPS叩き出してようがまとめるのが怖くなる。

ノーマルシリウスはルナティックボイスを余裕持って封じることができた。

2回目もルナティックのときは雑魚に構わずボス注視しておくとウィズウィンが間に合う模様。

かなり苦手意識薄らいだかもだ。

で、ノーマルワンパレだが相変わらず床舐めた。

思い通りに動いてくれるPTだと死ぬことはないんだが、そうじゃなくトンベリに刃向かう系DPSやギミック操作しないDPSやヒラがいると、我のクソタンクぶりが露骨に露わとなって戦況が一気に悪化する。

鬼門はなんといっても2ボス前階段先の小部屋、骸骨が3体いるところだ。

ここは釣って手前の階段まで戻ると徘徊トンベリに合わないほぼ安全地帯だが、そうすると骸骨の処理が終わる頃には徘徊トンベリが小部屋に入りかけている。

そこで私は徘徊トンベリが部屋を横断して曲がり角を曲がるまで待つ。ここさえ乗り越えればトンベリとは一度も合うことなく進むことができる。

が、15秒ほどヤツが過ぎ行くのを待機して眺めなければならず、だいたい辛抱ならないDPSが小部屋のギミックに突っ込んでいくパターンだ。

なぜ15秒ほどを縮めてあえて危険に乗り出すんだよ!いっそ待機場所にマーカーでも付けてやろうか。と暗黒面に堕ちかけるが、それはタンクの進行がクソカッタルイからである。

基本IDでCFの場合、タンクは止まらないほうがいい。DPSやるとわかるがその時間が恐ろしく暇だし「タンクどした?」という擬心感にかられる。

15秒ほど止まるなんてもっての他だってことだ。

そこで徘徊トンベリを研究するために一人でワンパレへ行って検証してきた。

f:id:hugitubo:20180205195318j:image

どうやら壁に隠れるか一定の距離を離すと視線感知の徘徊トンベリは諦めるようだ。

骸骨部屋はそのまま3匹を釣ったあと向かいの通路を出て、徘徊トンベリの目の前にいる幽霊も釣り右手側で処理する。

ここで奴に気付かれても右手側に全員で逃げれば奴が諦めるワンチャンがある。

そのとき階段下2ボス扉の前にいるチビトンベリに挑発をかましてまとめ焼きするかどうかは、PT次第といったところか。ここで3グループまとめてインビン使うとヒラは安定するのかもしれない。

と、脳内地図で語ったがよく考えたら誰もこれじゃわからないではないか。

まぁこんなに苦手なのは私くらいのもんだろう…ほかのタンクさんはきっとなんか良い妙案を駆使して徘徊トンベリを退けているんだろうな。でもDPSで行こうにもシャキらないから確認のしようがないぜ…

というかあそこのIDの仕組みがおかしいってことで納得することにした。

とにかくこの戦法でもう一度挑んでみようと思う。

続いてはトトラクだが行きたくなさすぎて行けない。

初見タンクで行ったときことごとく先釣りして勝手に瀕死になってる侍さんがいたのがトラウマすぎて、もう二度と行きたくないIDと化している。

あとカメラワークがクソの極みすぎる…まるでシルヴァニアハウスの中を覗き込んでるようだし、おまけに迷路な上にヘヴィ付きとか誰があんなID楽しんでやるんだ…ストレスしか溜まらんぞ…。あれとゼーメルとオーラムのデザインした奴は絶対に許さんぞ…